2010年2月11日木曜日

BOLIVIA ボリビアからアルゼンチン国境超えは気をつけろ!


ウユニ塩湖のツアーでチリ抜け
する人が多い中私はアルゼンチン
抜けをする事にした。

ウユニから15時間道なき道を通り
国境ヴィジャゾンに到着。
ボリビアの道は本当にクソだ。
バスのクオリティも最悪だった為
寝る事も出来ず疲れ果てた。


次の日気を取り直し国境超え。
無事アルゼンチン入国。
厳しいと言われていたが、簡単
な荷物検査であっけなく終了。

が、私は甘かった。

そこから私はフフイに行くバスに
乗った。
それから20~30分走らせた場所
で、検問所があった。
そしてまた荷物検査。
これまた簡単に終了し、バスが出発
するのを待っていると、
「荷物を持ってっこっちに来い」
と言われた。
「また??」

今度は別室で細かくチェック。
しかもやり方がひどい。
バックが倒れたので直していると
「触るな」「動くな」など怒鳴られる。

バックの中身を全て出し、袋に入
っているものは破って確認をする
始末。一転一点荷物の匂いを嗅ぎ
、荷物を潰してチェックする。
バックパック自体も入念にチェック。
徹底してる。
締めはボディチェック。

この人達は質問には応じない。
「黙ってろ」の一言。
質問だけに答えろという状態。
アルゼンチン入国の際に、「
コカ葉」の持ち込みを禁止して
いる。外国人なので、恐らく麻
薬検査も兼ねているのだろう。

このバスで検査されたのは日本
人4人のみ。他に検査するヤツ
居るだろう・・・
実際お腹に「コカの葉」を隠して
持ち込んでいる人がチラホラい
たし、そいつらを検査しやがれ!
これはアジア人差別のようにも感
じた。


(10.1.28~29)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿