2010年2月20日土曜日

ARGENTINA バリーロチェ

この街はアルゼンチン人
のリゾート地。
夜に到着したため宿探し
に苦労・・・
やっと見つけた宿で、1人
の女性と出会った。

彼女と話していると、宿泊客
ではなくこの宿で仕事をして
いるという。
私が理解に困っていると、
何をしているか見せてくれる
というので付いて行くと・・・

この宿の内装デザインを
手がけていた。
絵描きだったのだ。

すぐさまその様子を写真に
収めたくカメラを撮りに行った。

皆が寝しずまってから
仕事を始めるそう。

完成している壁。
絵になります。

直訳すると「洞窟」
けれどこの中には
人や物など全ての
ものに愛をこめて
・・・という意味を
込めているそうです。

何枚か写真を見せる
とえらく気にいってくれ
嬉しかった。
が結構ぶれてしまった
写真が多く私としては
勉強不足だな・・・と反
省した。

彼女と宿のスタッフと3人で
朝4時まで話し、写真を撮
った。楽しい時間はあっと
いう間。

またこのバリーロチェ、そし
て彼女達に会いたい・・・
こんなにキュートな女性は
中々居ない。彼女の写真
をもっと撮りたかった。



翌朝7時
ターミナルへ

バス出発まで近くの湖を散歩。
さすがはパタゴニアだ。


水が透き通っていて透明。


朝だった為か人も居なく
とても静寂。

またここに戻って来よう。
そう誓った。

(10.2,13~14)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿