2010年2月7日日曜日

BOLIVIA イゲラのチェ

「チェゲバラ」
革命家。彼の墓をキューバで見てきた。
私はゲバラを遡って追って行こうと思い
この街へ。

ラパス(バス)⇒コチャバンバ(バス)⇒
サンタクルス(ワゴン車)⇒
ヴァジェグランデ(タクシー貸切)⇒イゲラ村


イゲラ村までの道は悪路。
雨が降っていたため更に
酷い状態。

Ruta Del Che
チェの道。
イゲラ村までの道には
この標識が点在している。

タクシーで約3時間。

La Higuera
イゲラ村。
1967年10月8日20名前後のゲリラ
部隊とともに行動、ボリビア・アンデス
のチューロ渓谷の戦闘で、政府軍の
レンジャー大隊の襲撃を受けて捕えら
れイゲラ村に連衡された。

翌朝午前10時に電報「パピ600(暗号
「ゲバラを殺せ」)」の電文を受信。
午後0時45分、右脚の付け根と左胸、
首の根元部分を計3発撃たれたが絶命
せず最終的には別の兵士に心臓を撃
たれて死亡した。

最期の言葉
「落ち着け、そしてよく狙え。お前はこれ
から一人の人間を殺すのだ」

(ウィキペディア引用)

ゲバラと手を繋いで記念撮影。

村の小さな公園内にあった銅像。

この村で一番有名な銅像。
「あなたの輝かしい例は、新しい夜明けだ」
直訳するとこんな感じでしょうか。

村の正面左にある建物の中。

ゲバラ生誕78年の記念式典の石碑。

イゲラ村のかわい子ちゃん。

「Escuelita」
小学校。
”1967年10月8日軍隊に捕らえられた
司令官のChe、Willy、Chino が、10月9日
に殺されるまでの最後の時を過ごした。
(ボリビア日系協会連合のサイトを引用)

現在は博物館となっている。


軍服が飾られている。

Tシャツを購入。
この博物館の鍵を所有している
おばちゃんと記念撮影。

ここに来た人の帳簿。
勿論名前書いてきました。

チュロ渓谷まではイゲラ村から歩
いて1時間半の場所にあるそうで
すが、雨の為断念。けれども大満
足な時間を過ごす事が出来た日だ
った。

(10.1.18~20)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

2 件のコメント:

  1. 3月末からボリビアへ行き、イゲラ村など訪問しようと思っております。
    中東は経験あるのですが南米は初めての一人旅で、よくわかりません。サンタクルスからのゲバラの足跡をたどるツアー申し込もうと思っているのですが、何か良い情報などございましたらお教え願います。

    返信削除
  2. Toshi さん

    連絡遅くなりまして申し訳ありません。
    私はバス、タクシーを使いイゲラ村まで向かいましたので、自力で行く方法はお伝えする事が出来るのですが、ツアーに関してはわかりません。ヴァジェグランデ(イゲラ村の麓の街)のゲバラ博物館でもイゲラ村ツアーを申し込む事は出来るようです。その程度の情報しか持っていません。お力添え出来なくてすいません。もし自力で行く方法で構わないのであれば情報お教えしますので、連絡先を頂ければ
    ご連絡します。中南米は楽しい国です。お気を付けて良い旅をを!!

    返信削除