2010年3月22日月曜日

CHILE チロエ島カストロ

「カストロ」の教会。

このチロエは16の教会が世界遺産である。
昼頃から街散策へ。

趣のある教会。
木造建築で出来ている教会は古めかしく
可愛らしい造り。

さあ中へ。

入口を入ると・・・

飾り気がない内装が美しい。

悪魔を踏み潰しているのだろうか・・・

教会の模型。

可愛らしい置物。

キリスト像。

派手さの無いこの教会がとても新鮮
で心地よい空間だった。


教会の隣の建物を修復作業を
していたおじさん。

この建物にもキリストが。



「ミラドール」
昔ながらの水上家屋が立ち並ぶ。

街散策。

街の家屋はうろこ状が特徴だ。

これは一体何の建物だろうか・・・
映画「風の谷のナウシカ」の巨神兵のように見える。

民芸市場。
ここは屋根までうろこ状になっている。

民芸市場の横に小さな魚市場がある。
そこで見つけたもの・・・
「セビッチェ」㊧大あさり㊨サーモン
これが絶品!!幸せすぎる旨さ。

ここは地元の人で賑わっている。

水上レストラン。
やはりこちらも屋根までうろこ状だ。

屋根までうろこ状というのがこのあたりの伝統住居
なのだが現在は殆ど無い。

グラフティアート。
芸が細かい!よく見ると電信柱にも絵が描かれている。

そしてバスターミナルへお見送り。
こちらのご夫婦とはまたどこかで会えるような気が
してならない。次はどんな場所で偶然出会えるの
か楽しみ。

ゆかりさんと夜の教会を見ながら宿へ戻りますか。

(10.3.17)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿