2010年4月2日金曜日

ARGENTINA ブエノスアイレス

約1ヶ月半パタゴニアに居た私はこの都会の空気に
きょどってしまった・・・ビルが立ち並び、人が多く、
車は渋滞・・・とんでもない場所にやってきてしまった
気がした。久々の都会は心身共に疲れを倍増させた。

この街をさっさと終わらせてしまいたい・・・そう思った。

だが嫌だとも言っていられない。
来たからには先ずはこの街を知りたい・・・どんな街な
のか・・・早速散策へ向かった。


「ボカ地区」
ユニークな壁画。以前はこんな人らで溢れかえ
っていたのだろうか。兎に角ステキ!

この地区は以前造船工場、賭場があり労働者
のたまり場。その為にバーがありここでタンゴが
生まれた。

「カミニート」
カミニートという通りがこのようなカラフルな街並みと
なっている。このアイデアはボカ生まれの画家キンケ
ラマルティンのアイディアによるものだそう。

街中にはこんなオブジェも。
センスを感じるわ・・・

木漏れ日差し素敵な空間。

お土産品もタンゴにまつわるものばかり。

カラフルでかわいらしい家々。
家の前には絵を売っている人達が沢山いる。

そしてもうひとつ。
カミニートにはオシャレなレストランが立ち並び
ここでタンゴのショーを見ることが出来る。

やはりこの街はタンゴ。
思わず見とれてしまう。



「ドレーゴ広場」の日曜市。
ここでは骨董品市が開かれている。

本、置物、グラス、アクセサリー等
アンティークなものがたくさん。



更にディフェンサ通りを歩くと大道芸を
している人達が集まっている。

華麗なステップを踏むおじさん。

全身白塗りをして銅像のように微動だにしない人。

自分の分身の操り人形を操るおじさん。

風がぁぁぁ。
風に吹かれているように見せかけてるおじさん。

タンゴの衣装を着た人達と記念写真を撮る
ことも出来る。ツーリスト向けね。

更に歩き続けると、オシャレな服やアクセサリー
等の出店が5月広場まで続く。

どれもセンス良すぎ!



更にフロリダ通りまで。
最後はタンゴで締めましょう。この二人官能的すぎ!

兎に角この街は広く都会だ。だが始めの印象とは違い
都会ながらも魅力のある街だと思う。好きになりそうだ。

(10.3.25~28)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿