2009年8月6日木曜日

暑過ぎて単なる証拠写真となった遺跡見学



サンクリからたった5時間の場所に位置する、パレンケにやってきた。
サンクリの寒さに対し、ここは尋常じゃない暑さ!!!
ここではマヤ文明で有名なパレンケ遺跡を見ようとやって来たが
こんな状態で遺跡を見る気力が自分にあるのか!?と不安を抱きつつ
バスを拾い現地へ向かった。
がしかし予感的中!遺跡ってのは街中以上に暑い!!
瞬時に私は全部見ることは不可能と判断し、かいつまんで見て行こう
それでも十分と思っていたのだが、一緒に来たアミーゴは大の遺跡好き。
全ての遺跡を登って見学すると言いだす・・・。
流石に付き合っていられないので、アミーゴが見学している間、私は休憩
というスタイルをとっていたのだけれど、これもいつしかはぐれる始末。
結局落ち合うことも出来ず、暑い中遺跡を一人ダラダラ見学することに・・・
そして自問自答を繰り返す。こんな思いをしてまでこの遺跡に興味がるのか・・・
そもそも自分自身遺跡が好きなのか・・・と。
そうこう考えてるうちに出口へ辿り着く。その間アミーゴとは出会え
ず探す気力も無く、一人バスを拾い宿に戻った。
夜になりパソコンを立ち上げ写真をチェック。撮った枚数40枚と少な目だが、
逆によくそれだけ撮ったなという思いの方が強い。
中身はもはや行ってきた、見てきたという証拠写真状態・・・。
私は一体何のためにこのパレンケに来たのだろうかと更に自問自答しながら
眠りにつく。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

1 件のコメント:

  1. そんなときあるよね。無理に「見よう」と思っても集中できないしさ。そういえば旅に出て一ヶ月経ちましたね。

    返信削除