2011年2月27日日曜日

アヒデガジーナの作り方

私最近ですね、スペイン語を学び始めているんですが

本日は実習ということで、先生の家で兼ねてから

お願いしていたペルー料理を作ることになりました!!

(ちなみに先生はペルー人でございます。)


私が最も食べたかった料理、それは・・・・・・・・・・


「アヒデガジーナ」


本日は料理の作り方を紹介しようという趣向でいきたいと

思います!但し分量は・・・適当です。お好みで分量調整ください。


材料(4人前)

<アヒデガジーナの材料>
鳥の胸肉・・・300g~
たまねぎ・・・半分~1個(線切りもしくはみじんぎり)
パン粉・・・適量
ゆで卵・・・3個
蒸したじゃがいも(メークイン)・・・4個
牛乳(よりコンデンスミルクが良いそうです)・・・適量
おろしにんにく・・・スプーン1杯
油・・・適量
塩、コショウ 
アヒアマリージョ(唐辛子ペースト)・・・適量
ロコト(唐辛子ペースト)・・・適量
パリージョ(香辛料)・・・適量
味のもと・・・少々(仕上げに)
クミン・・・少々(仕上げに)

<米の用意>
米・・・人数分
おろしにんにく・・・スプーン2杯
塩・・・適量
水・・・2カップ

家庭料理の為、目分量と長年の経験で作られていた為、
細かい分量がわらりません。あしからず


鶏肉をゆでる。


茹で上がった鶏肉を細かく割く。
脂身は外しましょう。


ゆで汁の中にパン粉を画像程度の分量を入れ
パン粉をふやかします。数十分放置。
  ↓     ↓
①ふやけたパン粉を、ミキサーにかけドロドロにします。


今度は米の用意。
②米を洗っておく。
③鍋でおろしにんにくを炒め、塩、水を加える。
沸騰後、炊飯器に②③を入れ、水加減を微調整。

本日はコンセントの調子が悪く、鍋で炊きました。
およそ20分。


そしてアヒデガジーナの出番です。

油、アヒアマリジョ、ロコト、たまねぎを入れ炒めます。
ちょくちょく味を見ながらお好みの辛さに調整してください。
   ↓    ↓
にんにく、塩、コショウ、肉、味の素、クミン、パリージョを入れ炒めます。
   ↓    ↓
①を加え、更に牛乳を少しずつ丁度良いとろみになるまで
加えます。


④蒸したじゃがいもは皮をむき、薄くスライスして皿にのせます。


ご飯を盛り付け、④の上に出来上がった「アヒデガジーナ」を
かけて、四つ切にしたゆで卵を飾り付け・・・・・

完成!!!


といっても私は殆ど手伝っておらず、只管スペイン語で言われている
作り方のメモ取りだけでーす。
ま、後半は日本語になってましたが(笑


本当に念願のアヒデガジーナを食べる事が出来て幸せでした!!

美味しかったなぁ。


本当に良い実習でしたわ。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村←どちらかにクリックお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿