2009年10月21日水曜日

1週間で中米陸路超え 4日目 ホンジュラス⇒ニカラグア


先立った人の情報や、ニュースを見ていて、国境が通過出来ない
可能性が高く、ホンジュラスを無事通過出来るか不安だった。

が、そんな心配もつかの間、あのエルサルの宿で寝れなかった為
バスに乗った瞬間曝睡・・・
起こされた時には既に国境に着いていた。眠気眼に手続きを済ませ
た。入国出来た喜びより睡魔の力が強すぎて、さっさとバスに戻り
また寝てしまった。
それから数時間また国境で起こされた。そこはニカラグアとの国境だった。
あ、無事ホンジュラスを出国出来た・・・と思いつつ手続きを終わらせた。
ホンジュラスの地に足をつけたのは出入国の時のみだけだった。


エルサルからニカラグアまで約12時間。
要約ニカラグアに到着。
このTICA BUSの周りは危険地区で有名な場所。周りの宿に泊りたかった
が、安全面を考え仕方なくTICA BUSの宿に泊ることにした。
だが、怖いもの見たさと、この数日ろくに外出していなかった私は、どうしても
この街を出てみたかった。どんなに恐ろしいのか興味があった。
宿のスタッフに聞いたところ、外を歩くのは危険と言われた。歩く事すら危険
な場所にターミナルを作るな!と思いつつ、相談したところ、外出したいなら
タクシーを使って移動しろと・・・流石に不安になりつつも、少しは街観光もし
たかったので1時間US$8でタクシーを貸切り市内観光をお願いした。


流石危ない香り漂っている街だ。
怖い反面ぞくぞくするほど面白い。タクシーから降り写真を撮りたいが、運転
手に止められたので、走行中に撮りまくった。


そんな場所ばかりではないと、ちゃんと観光場所も連れて行ってもらった。
湖はとってもきれいだと言われ楽しみに向かった。
だが、うーんこれは世界一きたない湖なのでは・・・と思いつつも、この街の雰囲気
にはこの汚さがはまっているように思えた。
やはりこの街は湖やなどの観光スポットよりも怪しげな街の雰囲気のほうが魅力が
あるのではないかと思う。


もう少しこの街を散策してみたかったのだが、次の移動が控えているため、大人しく
宿に戻ることにした。また宿から出れない時間を過ごす事になったのだった。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

2009年10月18日日曜日

1週間で中米陸路超え 3日目 エルサルバドル


無事に朝を迎えた。
こんな宿をさっさと出たいという思いで、バスの時刻13時の
2時間前にチェックアウトし、タクシーを捕まえ乗車した。
TICA BUSのバスターミナルまでと伝えたのだが、運転手
は場所を知らなかった。なので地球の歩き方に載っていた
住所を見せ向かってもらった。
だが、その住所には現在ターミナルは存在していなかったのだ。
運転手が会社に電話をし、再度確認を取ってもらったところ、移
転してるという。2時間前に宿を出てよかった・・・と思いつつ移転
先に向かってもらった。が、またもやいくら探し回っても見つからな
い。何度も同じ場所を確認したのだが、何処にも見当たらない。
再度運転手に確認を取ってもらったのだが、やはり現在地の近辺
にあるはずと言われたようで、再度辺りを確認し直した。
だが、やはり何度通っても見つけることが出来ず、時間は刻々と過
ぎ流石に焦りを感じてきた。時間は出発の1時間を切ったところだ
った。丁度近くに警官が居たので、運転手に確認を取らせた。だが
警官もまた同じ住所を言ってきた。きっとこの近辺にあるはずだと。
こんだけ探して見つからない場所を探すのは時間の無駄だと思い
ながらも、住所が分からないため、ただ運転手に任せるしかなかった。
今度は横道までも探し回った。

時間は出発の40分前。もう間に合わないと覚悟を決め始めた。
探し回っていると、また先ほどの警官に会った。見つける事が出来な
い私たちを見て、警官は再度住所の確認を取ってくれた。待つこと
10分、要約現住所が分かった。どうやらまた移転をしていたようだ。
時間は出発の30分前。その住所が合っているか到着するまで分から
ない状態だった為、完全に間に合わないだろうと諦めが付いた。

まあ、もう焦らずゆっくり探してくれ。

と思いながら外を眺めていたら、なんとそこにターミナルを発見!!
奇跡だ!!時刻は丁度出発の13時。タクシーを降り、発車寸前の
バスを叫びながら止めた。チケットを購入していなかった私は、急い
でカウンターに向かい、バスに乗車した。このバスを逃すと、1日また
グアテマラシティに停泊しなければならなかったのだが、なんとか免れた。

疲れきった私は眠りこんだ。

目が覚め、辺りを見回すとそこはエルサルバドル国境だった。入国手続
きを済ませ、また眠りについた。19時30分、ようやくTICA BUSターミ
ナルの宿に到着。部屋を見せてもらい値段を聞いたら、なんと24ドル。
丁度シングル部屋が埋まっていたため、ダブルの部屋しか空いてなかっ
たのだ。困り果てた私を見て、主人は狭い部屋だが12ドルであるよと笑み
を浮かべながら言った。まあ、とりあえず見てみるかと思い付いて行った。


笑うしかない。


そこは部屋ではなく、単なる小屋。
だが1泊しかしないので、そこに泊ることにした。荷物を置いたら身動き
取れない。扇風機を回したいのだが、置く場所も無く、バックパックの上
に置いた。うーん、こんな部屋で朝まで居るのはキツイな・・・と思いチケ
ットカウンターで時刻表確認した。
ニカラグアまで44ドルと多少割高だが、午前2時30分のバスがあった。
これに乗って次を急いだほうがマシだと判断し、チケットを購入した。
出発まであと数時間。屋上で時間が過ぎるのを待った。
なんとも寂しいエルサルの夜だった。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

2009年10月16日金曜日

1週間で中米陸路超え 2日目 グアテマラシティ


サンペドロララグーナでのんびりしたい!!!
と思いつつ今日も移動・・・
アンティグア行きのバスを宿の人に
聞いたら、なんと1日1本とのこと。
既にバスは出発した後だった為、アンティグア
に行きたいならまた明日にしなさいと言われ愕然と
した。下調べをしていなかった私がいけないのだが
流石に飛行機までの日数が無いので、慌てて
他に行ける方法は無いのか聞いたら、グアテマラシティ
行きなら朝11時にコレクティーボがあると言われ、急いで
バックパックを背負いバス停に向かった。
だがコレクティーボらしき車は無く、止まっていたのは
チキンバスのみ。恐る恐る聞いてみると、このチキンバス
こそが唯一のグアテマラシティ行きだった。
長距離には向いていないが、4時間乗るしかない。
仕方なく金額を交渉し35Qで乗ることになった。
これでグアテマラシティまで寝て行こうと目をつぶった
瞬間、道が悪くとても寝ていられる状況ではない。
その上山道のためカーブの道が続き、私はバス酔い
してしまった。気分が悪いのに寝れない・・・状態が
約4時間続き、やっとグアテマラシティに着いた。


この街は治安が悪いと評判だが、先ずは宿探し。
まずは地球の歩き方に載っている宿に向かったが
旅行者が少ないのだろうか、潰れている宿ばかり
が目立った。もしやそんなにもヤバイ場所なんだろ
うか・・・と不安になりつつやっとの思いで1件の宿
を見つけた。そこはロンプラに載っているフェニックス
という宿の移転先の宿だ。部屋はなかなか悪くない。
だが値段は高めのダブルの部屋で90Q。
シングルの部屋はないようで、ダブルのみ。他の
宿も探したのだが何処も同じ状況だった。
1時間近く探していたため疲れきった私はその宿に
泊ることにした。一息つき部屋から出た瞬間目を疑った。
ここに宿泊している人の様子がおかしい。皆同じ衣装を
着用し、何かの宗教団体の様だ。この宿も違う意味で怖
すぎる・・・。部屋のドアを開けっ放しにしていたので、中を
除くと部屋を薄暗くし、床に正座をしながら本を読んでいる
様子。何とも不気味。。。
私は一旦部屋に戻り、中々部屋を出ることが出来なかった。
暫くしてお腹も減った為、意を決し外へ出た。


やはり首都は柄が悪い。インディヘナも少なく都会だ。
宿には宗教団体が待っているが、街の雰囲気も悪いので
食事を終え宿に戻ることにした。
陽が落ち暗くなったところで、部屋から外を覗くとそこは
映画のようなスラム街と化していた。私はとんでもない場所に
宿泊してしまったのではないだろうかと思いながら、
早く時間が過ぎる事をただ祈っていた。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

2009年10月15日木曜日

1週間で中米陸路超え 1日目 サンペドロ・ラ・ラグーナ


中々出発出来なかった私も、いよいよ焦りを
感じ今日こそ出発。朝10時みんなに見送ってもらい、
私はチキンバスでグアテマラのサンペドロ・ラ・ラグー
ナに向かった。シェラから約2時間の場所にある。
ここには世界一美しいと言われている湖がある。
これは見たいと思い時間が無いのにも関わらず
立ち寄る事にした。またこの街はヒッピー村でもある。
本来はここでフルムーンパーティがあるそうだが
何があったのかは不明だがここ数ヶ月野外パーティは
やっていないようだ。期待していただけに残念すぎる・・・。

私はサンフランシスコという宿に泊った。シングル25Qと、
とても安い。屋上からは湖が一望出来る。
非常にのんびりした空気が流れていて、ぼーっとしている
だけで1日が終わってしまいそうな程だ。もっとゆっくり滞
在したいけれども先を急がなければ!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

2009年10月14日水曜日

1週間で中米陸路超え


パナマからコロンビアのカルタヘナまで
AIRESという航空会社の航空券がプロ
ーモーション価格で出ていたため購入
した。出発は14日。いよいよ南米に
向け動き始めることとなった。
それにも関わらずこのタカハウスの居心地の
良さにだらだらと沈没してしまったため、私は
1週間でこのグアテマラのシェラからパナマ
まで陸路で一気に行かなければならなくな
ってしまった。いきなりこんなハードに動く
事になるとは・・・反省もつかの間、中米を
駆け足で行く旅がスタート!!!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!

2009年10月3日土曜日

タカハウス スペイン語学校 卒業します!



もはや旅ではなくなっていたこの生活も今日で終わり。
楽しかったアクティビダ~、苦しかった動詞の変化~・・・
色々あったけれども卒業する事になりました~。
先生~、みんな~楽しい思い出をありがとう。

本来は2週間で終わらせる予定だったスペイン語学校
気が付けば約5週間通ってしまった。
メキシコで勉強した2週間を合わせれば、約1ヶ月半。
何故こんなに勉強してしまったのだろうか・・・。
ホームステイしてみたものの、短期間ではなかなかあ
の会話のスピードに全く付いていけずに終わった。
後は旅をしながら少しずつ実践あるのみ!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします!